大人ニキビに悩まされているすべての方へ。大人ニキビの原因~タイプ別対策まで徹底解説。

大人ニキビくんさよなら 大人ニキビの原因、治し方・ケア方法、ニキビ跡ケアを完全網羅した大人ニキビの総合情報サイト 今売れてるニキビケア商品はこちら ニキビケアランキング 今売れてるニキビケア商品はこちら

大人ニキビ常識Q&A

大人ニキビ常識Q&A

克服の一歩は、大人ニキビを知ることにあり!

大人ニキビと思春期にできるニキビは原因や対処法が全く違います。間違ったケアを続けていくとニキビの治りが遅くなり、ニキビ跡ができる原因になります。ニキビのメカニズムをおさらいして正しいケア方法を学びましょう!

大人ニキビはどうしてできるの?

シンプルにいうと、毛穴のつまりが原因です。毛穴のつまりには、『皮脂が過剰に分泌されること』と『毛穴の入り口が過剰に角化すること』が大きく影響してきます。皮脂が酸化したり、古い角質がはがれ落ちずに毛穴に詰まって角栓になると、ニキビ菌が増殖し、炎症を起こしてニキビができます。

皮脂が過剰に分泌されること

多くの人がニキビの要因の第一候補と考えているのが皮脂。しかし、本来皮脂は肌の健康を維持する上で必要なもので、外部刺激から肌を守るための一次バリアの役割を担っています。適量の皮脂が毛穴からスムーズに排出されれば、毛穴がつまることはありません。しかし、当然ながら毛穴が対応しきれない大量の皮脂が分泌されたときに毛穴は詰まってしまいます。

過剰な皮脂への対処法は?の詳細を見る

毛穴の入り口が過剰に角化すること

皮脂の出口である毛穴周辺の角質がカチカチになり、毛穴の入り口がふさがれてしまうことによって、毛穴が詰まってしまいます。毛穴が詰まってしまうと、皮脂の分泌が適量であっても出口をふさがれた毛穴に皮脂が溜まっていき、ニキビになります。

大人ニキビにはどんな種類がある?

大人ニキビは主に白、黒、赤、黄の4種類に分けられます。初期段階(炎症を起こす前)のニキビには、毛穴の入り口で皮脂が参加して黒っぽく見える黒ニキビ、毛穴の表面が皮脂で固まり、ポンっと白く盛り上がって見える白ニキビの二種類があります。
これらが悪化して炎症を起こすと、毛穴の内部でアクネ菌が増殖を繰り返して毛穴および周辺が赤く腫れあがる赤ニキビになります。さらに赤ニキビの炎症が悪化して、「膿」ができた状態が黄ニキビです。この段階になると、アクネ菌がリパーゼという酵素を生み出し、毛穴内部の組織を破壊しはじめます。治ってもクレーター肌になったり、色素沈着を起こしてニキビ跡ができる可能性が高くなります。

自分は何ニキビ?ニキビの種類を知ろう!の詳細を見る

大人ニキビの特徴は?

20代~30代にかけてでき、再発しやすく、後に残りやすいのが特徴。
大人ニキビは、肌のターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)の乱れによる角質肥厚、ストレスや活性酸素、生活習慣の乱れ、男性ホルモンの分泌による皮脂量増加などさまざまな要因が複雑に絡み合っています。
思春期ニキビが皮脂対策が中心なのに対して、大人ニキビは、肌のケアはもちろんのこと食事・睡眠など生活習慣を見直したり、ストレスを解消するなど、根本的な改善が必要となってきます。

ニキビは進行度によって必要なケアに差があります。早い段階で対処すればするほど治りやすくなります。

やっかいな大人ニキビの特徴について知ろう!の詳細を見る

食生活で気をつけるべきことは?

ビタミンB.Cを積極的に摂取し、脂肪分の多いものは控えめにしましょう。ニキビの色素沈着を防いでくれるビタミンCと、ニキビをできにくくするビタミンB。その中でも「ビタミンB2」「ビタミンB6」が特に重要です。ビタミンB2はタンパク質の働きに関係していて、肌を丈夫に保つ効果、ビタミンB6は健康な肌を維持すると同時に、免疫力を高める効果があります。
ただ十分な栄養がとれている自信がないならサプリメントも役に立ちます。反対に甘いチョコレートやピーナッツ、スナック菓子などの油分が多い食べ物はニキビの原因になりやすいといわれているので、食べ過ぎには気を付けたほうがいいでしょう。

「大人ニキビ」食生活で予防!の詳細を見る

ニキビの芯はとっていいの?

ニキビができてしまったとき、治したい一心のあまりニキビの芯を取り除きたくなります。皮膚科に行くと、ニキビの芯を取るのが治療の一環としてあります。そのため、ニキビの芯は取ったほうがよいと思われがちですが、自分でニキビの芯を取るのはおすすめできません。もし、仮に自分でキレイに芯を取り除けたとしても、肌が再生しない場合があります。再生が行われなかった場合、穴があいてクレーターになり、ニキビ跡が残ることになります。
どうしてもニキビの芯を取りたいという方は、専門の医療機関に行ってレーザー治療してもらいましょう。

ニキビの芯を潰すと早く治る?の詳細を見る

生理前にできやすいのはなぜ?

ニキビをつくる原因の男性ホルモンに似た、黄体ホルモンのしわざです。男性ホルモンの分泌過剰は肌のバリア機能を低下させるのと同時に毛穴を収縮させてしまうため、角栓つまりを起こしやすい肌質になります。さらに、ニキビの悪化要因である皮脂の分泌をより活発にさせるため、ニキビ肌の元凶といえます。
女性には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあり、生理前にニキビができやすくなるのは、この2種類のホルモンに変動があるからです。生理前になると、男性ホルモンによく似た黄体ホルモンが多く分泌されるようになります。その分皮脂分泌量も多くなり、ニキビができやすい状況になってしまいます。

生理と大人ニキビの密接な関係!の詳細を見る

 

ページの先頭へ

ニキビケア商品ランキング

  • top-sidebar-ranking

    1位

    ビーグレン ニキビケアトライアルセット

    ビーグレンニキビケアトライアルセット

    QuSomeの浸透力で、ニキビ跡にも!

    ビーグレン・ニキビケアの詳細を見る

    2位

    ルナメアAC 1週間お手入れキット

    FUJIFILM ルナメアAC

    ニキビの毛穴から徹底ケア!乾燥肌・敏感肌に効き目◎

    ルナメアの詳細を見る

    3位

    オルビス薬用クリア

    オルビス薬用クリア

    100%オイルカットのニキビケア商品!べたつかないサッパリした使い心地が◎

    オルビスの詳細を見る