大人ニキビに悩まされているすべての方へ。大人ニキビの原因~タイプ別対策まで徹底解説。

過剰な皮脂への対処法は?

過剰な皮脂への対処法は?

皮脂について

8818a3d50590b69400f134ba0e01cb8f_s

そもそも皮脂とはなんでしょうか。皮脂は肌トラブルの悪しき存在と思っている人も多いですが、実は皮脂は肌のコーティング剤です。皮脂膜と呼ばれる膜を作って、皮膚をコーティングし守る役割をもっています。肌や髪にツヤとなめらかさを与える作用ももちます。

しかし、皮脂が大量に分泌されてしまうとき、毛穴はつまりを起こします。特に顔面では毛穴が小さいのに対し、皮脂腺が非常に大きく発達しています。これが大人ニキビを生み出します。皮脂腺が大きいの皮脂量が多くそれに対してけが細いので出口がふさがれやすく、皮脂もつまりやすいのです。

大人になっての皮脂の過剰分泌はホルモンバランスの乱れによるもの

canstockphoto15645856

皮脂分泌は性ホルモンによって促進されるので、10代後半が分泌量のピークになります。通常、女性は20代の後半から皮脂の分泌は減り始めます。にもかかわらず、皮脂によって大人ニキビができてしまうのはなぜでしょうか。

それはホルモンバランスの乱れが原因とされています。ストレスによって交感神経が優位になると、男性ホルモンの生成が促進されてしまうのですが、男性ホルモンには皮脂の過剰分泌を招き、角質のつまりを誘発する作用があるのです。ニキビは毛穴が角栓でつまり、そこに皮脂がたまることで発生しますので、男性ホルモンはその2つの要因を招いてしまいます。
また、女性は生理前になると男性ホルモンによく似た黄体ホルモンの影響で皮脂が増える傾向にあります。

男性ホルモンが増える原因の大きな要因はストレスと睡眠不足です。

(参照1:日常生活のストレスにどう対処する?)(参照2:大人ニキビと睡眠の密接な関係)

ゴシゴシ洗顔は絶対ダメ

6daae1b6a211d152775b3ad34cea7ae4_s

洗顔を頻繁に行うと失われた皮脂膜を取り戻すために皮脂腺は活発に働きます。これを繰り返すと、皮脂腺は常にフル回転するので次第に鍛えられてどんどん活発になっていきます。顔がテカテカになるからといって洗顔をしすぎると、余計にオイリー肌になることがあるのはこのためです。

かといって洗顔を全くしなくてもいいのかというとそうではありません。皮脂の分泌が多いと古くなった皮脂が悪玉に変わって毛穴を広がりをもたらすため、1日に2回の洗顔で適度に皮脂を落としたほうがよいといわれています。

ちなみに皮脂は肌になめらかさを与えるものではありますが、肌にうるおいを与えるものではありません。ですので、洗顔の後はかならず化粧水、美容液、乳液で保湿ケアをしましょう。

(参照:正しいメイク落とし・洗顔の方法は?)

あぶらとり紙も賢く使う

087092 (1)

1日に2回の洗顔といっても、仕事中などで洗顔できない場合もありますよね。そんなときにはあぶらとり紙が有効です。

『あぶらとり紙は皮脂を取りすぎるのでよくない』といいますが、これは間違いです。皮脂のすべてが液状ではないため、紙で皮脂のすべてを取ることはできません。皮脂はワックス(ロウ)なども含むので、一部は固形物です。ですのでどんなにあぶらとり紙を当ててもすべてを吸い取ることはできないので、「取りすぎる」ほどは取れません。

ページの先頭へ

ニキビケア商品ランキング

  • top-sidebar-ranking

    1位

    ビーグレン ニキビケアトライアルセット

    ビーグレンニキビケアトライアルセット

    QuSomeの浸透力で、ニキビ跡にも!

    ビーグレン・ニキビケアの詳細を見る

    2位

    ルナメアAC 1週間お手入れキット

    FUJIFILM ルナメアAC

    ニキビの毛穴から徹底ケア!乾燥肌・敏感肌に効き目◎

    ルナメアの詳細を見る

    3位

    オルビス薬用クリア

    オルビス薬用クリア

    100%オイルカットのニキビケア商品!べたつかないサッパリした使い心地が◎

    オルビスの詳細を見る