大人ニキビに悩まされているすべての方へ。大人ニキビの原因~タイプ別対策まで徹底解説。

自分は何ニキビ?大人ニキビの種類を知る

自分は何ニキビ?大人ニキビの種類を知る

大人ニキビの種類はニキビの進行度の現れ

大人ニキビは大きく分けて、白・黒・赤・黄の4種類に分類されます。白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビの順に、ニキビの進行度が悪化していきます。
いうまでもないですが、ニキビの発症が早い段階で治療を行えば、その分跡に残りにくく、肌へのダメージもすくないものとなります。

白ニキビ【ニキビのできはじめ】

大きさは直径2mm程度の蓄積された古い角質が毛穴に詰まってしまっている状態のニキビです。別名コメドと呼ばれ、皮脂がスムーズに排出されなくなり、毛穴が大きくなって皮膚が盛り上がり肉眼で確認できるようになります。
この白ニキビは『ただ毛穴が詰まっているだけ』の状態ですので、ニキビの赤ちゃんといえます。アクネ菌によって炎症も起こっていませんし、痛みもそれほど感じられません。
ただ、一か所にポツポツポツとできたり、おでこがザラザラしていると思ったら、白ニキビがたくさんできていたり、治ったと思ったらすぐにできたり、、、と意外と厄介な存在です。
ニキビの初期段階である白ニキビは正しいケアをすれば数日で治すことが可能です。気になるからといって、むやみに触ったり、潰したりすることは禁物です。毛穴が開いて皮脂が酸化し、黒ニキビになったり、炎症を起こして赤ニキビに悪化する可能性が高くなります。

>>白ニキビのケア・治し方はこちら

黒ニキビ【毛穴の汚れが酸化】

汚れが詰まった毛穴が開いて皮脂が溜まり、収まりきらなくなった皮脂が空気に触れて酸化を起こして黒く見える状態です。
白ニキビと同様、初期ニキビであることは変わりないのですが、毛穴が閉まっている白ニキビに対し、黒ニキビは毛穴が開いている状態です。
まだ初期段階といえますので、キチンとケアすれば重症化する前に治療することが可能です。ただしそのまま放っておくと、進行スピードは早く炎症を起こして赤ニキビに悪化しやすいので油断は禁物です。

 

>>黒ニキビのケア・治し方はこちら

赤ニキビ【炎症が悪化し膿をもつ】

ニキビがついに炎症を起こして赤く腫れを伴っている状態です。
赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビと違いアクネ菌と深く関わりをもちます。アクネ菌が増殖して毛穴の中で動き回っているイメージです。
赤ニキビは見た目にも目立つし、ファンデーションや化粧では隠し切れません。また、痛み、かゆみを伴い、ニキビ跡になる可能性もある非常に厄介な存在です。
一度炎症を起こしてしまうと、自然回復では間に合わないので早急な正しいケアが必要となります。

>>赤ニキビのケア・治し方はこちら

黄ニキビ【炎症を起こして腫れが伴う】

炎症を起こしたニキビがさらに悪化に、毛穴に収まりきらず、膿がでてきている状態です。
別名『化膿ニキビ』と呼ばれ、アクネ菌と白血球が衝突することで周りの皮膚組織が壊され、肌の損傷も激しいものとなります。
このステージまで進むと、ニキビ跡の可能性はかなり高く、ひどいケースではクレーターになってしまう場合もあります。痛痒い感覚で、思わず潰したくなりますが、絶対に自分では潰してはいけません。

>>黄ニキビのケア・治し方はこちら

ページの先頭へ

ニキビケア商品ランキング

  • top-sidebar-ranking

    1位

    ビーグレン ニキビケアトライアルセット

    ビーグレンニキビケアトライアルセット

    QuSomeの浸透力で、ニキビ跡にも!

    ビーグレン・ニキビケアの詳細を見る

    2位

    ルナメアAC 1週間お手入れキット

    FUJIFILM ルナメアAC

    ニキビの毛穴から徹底ケア!乾燥肌・敏感肌に効き目◎

    ルナメアの詳細を見る

    3位

    オルビス薬用クリア

    オルビス薬用クリア

    100%オイルカットのニキビケア商品!べたつかないサッパリした使い心地が◎

    オルビスの詳細を見る