ニキビがケロイド状に!?ケロイドニキビの原因と治し方を徹底解説!

ニキビがケロイド状に!?原因と治し方を徹底解説!のファーストビュー

「ニキビ跡が赤くて盛りあがってる・・・」

そのニキビ跡、もしかしたらケロイドかもしれません。

ケロイドはニキビ跡の一種で、ニキビ跡のボスのようなヤツです。
というのも普通のニキビ跡よりもかなり目立つし、治すのにものすごい時間のかかるとってもやっかいな存在だから。

確率は低いですが、じつはニキビが原因でケロイドができることもあるんです。

今回はニキビがケロイドになる原因と治療方法、予防について解説していきます。

- この記事の監修医師 -

鴇田 真海(ときた まみ)先生

鴇田 真海(ときた まみ)先生

皮膚科医/白金クリニック院長
【所属】日本皮膚科学会専門医/日本美容皮膚科学会会員

2007年藤田保健衛生大学卒業後、2009年東京慈恵会医科大学病院 皮膚科入局
2015年から白金クリニック院長を務める

ケロイドってどんな症状なの?

ケロイドニキビ

引用:日本皮膚科学会

ケロイドとは、上の画像の通りニキビや傷の炎症がやけどの跡のように赤や茶色に盛りあがってしまった状態のこと。
盛りあがらないで平坦になるモノもありますが、うっすら光沢があり、さわると硬いのが特徴です。

ほとんどの場合はかゆみや痛みはありません。
※人によっては感じることもあるようです。

まわりの皮膚に広がったり、ひどい時には感染をおこして膿がでることもあるので注意が必要です。

ケロイドができやすい場所

ケロイドができやすい場所

ケロイドは肩や胸元、腕の上あたりにできやすいと言われています。
顔にできる場合はフェイスラインや首まわりに発生しやすいです。

というのもフェイスラインや首周りは毛穴が小さいから。
毛穴が小さいと、毛穴の組織が潰れやすいのでケロイドになりやすいんですね。

フェイスラインにくりかえしニキビができる人は、放っておくとケロイドになる可能性が高いです。

現在フェイスラインニキビが出来ている方は治し方をチェック!

ニキビがケロイドになる原因

ケロイドは繰り返しできる重症ニキビが原因

じつはケロイドができる原因はまだはっきりわかっていません。

いまのところは、同じ場所で何回も重いニキビの炎症がおこることが原因という説が有力といわれています。

肌は重いニキビや深いキズをうけると、それを治そうとしてコラーゲンをたくさん作ります。

しかし症状が重すぎると毛穴の組織が潰れて、コラーゲンが必要以上に作られてしまうんですね。
作られすぎたコラーゲンは塊になり、その塊がケロイドになってしまいます。

なのでケロイドはカンタンにいうと、不要なコラーゲンの塊です。

ニキビ以外にも、やけどや切りキズによってなることもあります。

ケロイドの特徴と種類

ケロイドは、

という2種類があります。

見た目は似ていますが、それぞれ症状に違いがあるのできちんと確認しましょう。

  真性ケロイド 肥厚性瘢痕
患部の画像

真性ケロイド

引用
日本皮膚科学会

肥厚性瘢痕

引用
セイコメディカルビューティクリニック

特徴

周りの皮膚をまき込んで大きくなる

元の傷よりも大きくなる

もりあがった部分がだんだん平らになる

赤みが茶色になっていく

手術 必要なこともある ほとんど必要ない
痛み つまむと痛い あまり痛みは感じない
自然治癒 しない する

ケロイドニキビの治し方・ケア方法

ケロイドニキビの治し方

ケロイドとなってしまったニキビ跡は、スキンケアといったセルフケアで治ることはほとんどありません・・・。
下手にいじってしまうと悪化してしまうこともあります。

なので「もしかして、ケロイドかな?」と思ったら、すぐに病院に行って診てもらうのがベスト。
基本的には皮ふ科や、美容外科などで治していきます。

こうしたきちんとした病院の治療であっても、ケロイドの治療はある程度リスクを伴うモノが多いです。
リスクが低い順に治療方法をまとめたので、参考にしてみてくださいね。

シリコンジェルシートを使った治療

ケロイド用シリコンジェルシート

 

引用:amazon

効果が出るまでの期間…1年~2年以上
ケロイドへの効果…★☆☆☆☆
費用…1箱2000~5000円ぐらい
※自宅でできる

透明or肌色の湿布のようなシートを貼るだけの治療です。
シートそのものの保湿効果や保護によって改善できるとされていますが、医学的根拠は弱いといわれています。

なので、シリコンジェルシートだけでケロイドを完全に治すことはできません
治すというよりも目立つ部分にケロイドがあって、「恥ずかしいから隠したい」という人にオススメです。

またやけどやキズができた時に貼ることで、患部を保護してケロイドになるのを予防してくれる効果があると言われています。

「病院に行くほどじゃないけど、心配だからケアしておきたい」という人にもオススメ。
amazonなどでも売られているので、気になる人はためしてみてください。

ただしシリコンジェルシートで完全に予防できるわけではないので、ちょっとでも不安を感じたら病院で診てもらうようにしてくださいね。

プリマ傷あとジェルシートのAmazonページはこちら

圧迫療法

ケロイド 圧迫療法

 

引用:ひがしやまクリニック

効果が出るまでの期間…1年~2年以上
ケロイドへの効果…★★★☆☆
費用…数千円ほど
※自宅でできる

ケロイドは皮膚がもりあがってできた傷跡。
このもりあがりを「押さえつけて症状を改善させよう」という方法が圧迫療法です。

フォームラバーやスポンジをケロイド部分に当てて、上から絆創膏やテープで押さえつけておくだけ。
とっても簡単に誰でもできます。

ケロイドを圧迫することで、もりあがりが平らになり、ケロイドが目立たなくなるんですね。

薬や手術を行わない方法なので、副作用などの心配がなく安心して行えるというメリットがあります。

治療器具も一度買えばかなり長持ちするので、ケロイド治療の中では1番お手軽&お金がかからない治療方法です。

しかし、やり方や体質によっては跡がボコボコになったり、かゆみ・赤みがでてしまうこともあります。

飲み薬による治療

アレルギー薬 リザベン

引用:QLife

効果が出るまでの期間…半年~1年以上
ケロイドへの効果…★★★★☆
費用…1ヶ月3000円~4000円ほど
※自宅でできるが医者に処方してもらう必要アリ

ケロイドでもっとも一般的な薬は、抗アレルギー剤とよばれる種類のモノです。
なかでもリザベン(トラニストとも呼ばれます)がもっとも効果的。

リザベンはアレルギー症状をおさえて、肥厚性瘢痕・ケロイドの傷跡を薄くしてくれます。
また炎症をおさえる効果もあるので、ケロイドのかゆみにも効果があるのが嬉しいポイント。

副作用が起こる可能性は低いですが、

といった症状がでることもあります。
肝臓などに副作用がでることもるので、飲む量や期間をしっかり守るようにしましょう。

リザベンはケロイドに効果がありますが、即効性がないので長期間飲む必要があります。
人によっては2~4年で効果が出る人もいるので、根気よく続けることが大切。

ただしリザベンは赤ちゃんが奇形になる恐れがあるので、妊婦さんは飲むことができません。
妊娠しているときはお医者さんに相談して、ちがう薬を出してもらうようにしてくださいね。

ステロイドによる治療

ケロイド治療、ステロイドを局部に注射

 

引用:WHITENING SKINCARE

効果が出るまでの期間…数日~数週間
ケロイドへの効果…★★★★★
費用…1回300円~1000円ほど(保険適用の場合)
※病院での治療

肌の炎症をおさえるステロイドは、ケロイドの治療にも効果があるのでよく使われます。

ステロイドには塗り薬やテープがありますが、肌にできたケロイドを治療する場合、直接注射する方法が多いです。
(塗り薬やテープはどうしても肌に吸収される量が限られてしまうんですね。)

注射によるケロイド治療は即効性があり、数日~数週間で効果がでるのがポイント。

ただし、

といったデメリットもあります。
また軽いケロイドの人がやると逆に悪化することもあるので、注意が必要です。

レーザー治療

レーザー治療

 

引用:reader’s digest

効果が出るまでの期間…数週間
ケロイドへの効果…※効果がある人・悪化する人がハッキリ分かれる
費用…1cm2万~5万
※病院での治療

ケロイド部分にレーザーを当てることで、ケロイドの原因であるコラーゲンが増えるのを防止してくれます。

レーザー治療はケロイドへの効果が高く、速効性があるといわれてますが、現代の医学では効果がはっきりとわかっていません。

ものすごく効果がある人もいれば悪化してしまう人もいるので、他の手段で効果がない場合にのみ行われます。

ある程度リスクがある治療方法なので、気になる場合はお医者さんとよく相談してリスクを理解したうえで行うようにしましょう。

手術による治療

手術はケロイドを切り取って縫う治療
効果が出るまでの期間…1ヶ月~半年
ケロイドへの効果…※効果がある人・悪化・再発する人がハッキリ分かれる
費用…2万~5万
※病院での治療のみ

ケロイドをメスなどで取り除いて、縫い合わせる治療法です。

聞いただけでも痛そうですが、基本的に手術での治療はあまり行われないので安心してください。
というのもケロイドは再発することが多く、手術によってまた新たなケロイドができることもあるんです。

万が一手術をする場合、ケロイドが再発するかどうかはお医者さんの技術力にかなり左右されると言われています。

お医者さんの実績やケロイドを専門にあつかっている病院かどうか、きちんとチェックするようにしてください。

ケロイドを予防する4つの方法

ケロイドは普段の生活で予防できる
ニキビ跡がケロイドになる確率はとても低いですが、何度もニキビやニキビ跡ができている人は注意しなければいけません。

なぜならニキビやニキビ跡がたくさんある人は、それだけ肌も弱っているので普通の人よりもケロイドが出来やすくなってしまっているんです。

ケロイドを防ぐためには、そもそもニキビやニキビ跡をつくらせないことが大切です。

これらの3つの生活習慣を見直すだけで、かなりニキビはできにくくなってきます。
どれか1つでも乱れているものがある方は見直してみましょう。

大人ニキビを予防する内側からのケア!「睡眠・食事・運動」とニキビ肌の関係とは。

また体の内側からだけでなく、スキンケアも大切です。

特に大人ニキビの場合は「乾燥」が原因のことがほとんど。
徹底的な保湿を心がけて、ニキビのできにくい肌をつくることが大切です。

乾燥肌は大人ニキビの大敵!正しいスキンケアで乾燥肌を撃退!

ケロイドを治すにはかなり長い時間とお金が必要

ケロイドはお金と時間をかけて治すモノ

ケロイドは種類にかぎらず、治療はかなり長い時間とお金がかかります。
速効性のあるステロイド注射やレーザー治療でも、1~2年くらいは見ておかないといけません。

はやく治したいからといって安易に手術やレーザー治療をしてしまうと、よけい悪化してしまうこともあります。

ケロイドを治すには焦らず、じっくり取り組むことが大切です。
まずは自分のケロイドの種類を知って、きちんと診てくれる病院を選びましょう。

また今あるニキビをケロイドにしないためにも、普段の生活習慣を見直すようにしてくださいね。

スポンサーリンク

ページの先頭へ