大人ニキビに悩まされているすべての方へ。大人ニキビの原因~タイプ別対策まで徹底解説。

頭皮ニキビの3つの原因と治し方を徹底解説!おすすめケア商品あり

頭皮ニキビ ファーストビュー

まさに今「頭皮ニキビ」ができている方、以下のような悩みはありませんか?

「周りの人の視線が気になってツライ…」
「恥ずかしくて美容院に行けない」
「痛いしかゆいしストレスが溜まる!」

こうなってしまうと毎日毎日イライラして、何をするにも手につきませんよね。

実は、頭皮ニキビは顔のニキビと同じケアでは治りません

頭皮ニキビには頭皮ニキビ専用のケア方法があるんですね。

もし今まで全然ケアしていたのに治らなかった方は、顔のニキビケアをしていたからかもしれません。

 

今回は頭皮ニキビの原因と正しい治し方、その他の疑問まで一気に解決していきます!

頭皮ニキビの3つの原因

ニキビができるメカニズムは顔と一緒ですが、頭皮は顔とはまったく違う部位。

頭皮にニキビができてしまうのは、頭皮だからこその原因があります。

1.毛穴に皮脂や汚れがつまる

頭皮ニキビ ケア

頭皮は顔よりはるかに毛穴が多く、密集している場所です。

頭皮ケアが雑だと、すぐに毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまうんですよね。

  • シャンプーやリンスをちゃちゃっと洗い流している
  • 頭に汗をかいてもすぐにふかない
  • お風呂あがりに髪を乾かさず放っといてる

これらにギクッとした人は注意してください。

毛穴につまった皮脂や汚れは、ニキビの原因になるアクネ菌のエサになってしまいます。

2.皮脂の過剰分泌が起きる

頭皮ニキビ 皮脂分泌

頭皮は毛穴が多いので、多いぶんだけ皮脂が出てしまいやすいです。

頭皮をさわってみて、少しでも手がテカっていたら皮脂が多すぎるサイン

  • シャンプーで必要な皮脂まで落としている
  • 油っこい食事ばかり取っている
  • ストレスを感じることが多い
  • 頭皮が乾燥してる()

これらは頭皮から皮脂がたくさん出てしまう原因ですので、改善する必要があります。

※乾燥しているのになんで皮脂が分泌するの?と思うかもしれません。
実はお肌が乾燥を防ぐために必死に皮脂を分泌して、お肌をコーティングして、これ以上の水分蒸発を防ごうとするんですね。

シャンプーでの洗いすぎには特に注意!

3.湿りやすいので雑菌の繁殖スピードが早い

頭皮ニキビ 帽子へヘルメットに注意

頭皮は、汗をかきやすく蒸れたり湿りやすいのが特徴。そして雑菌は湿った場所が大好物です。

雑菌が繁殖すると、当然ニキビもできやすくなってしまうんですね。

特に帽子やヘルメットを長時間被ると、通気性が悪く蒸れやすくなります。

普段から頭に何かを長時間かぶり続けているという人は特に気をつけたいところです。

頭皮ニキビを一日でも早く治すには?

いまわしき頭皮ニキビと1日でも早くおさらばしたい!』そんなあなたはニキビケア商品に頼ることをオススメします。

毛穴の数が多く(雑菌や皮脂が多い)、分厚いという特徴を持つ頭皮のニキビケアは「雑菌をしっかり抑える」「奥の奥まで浸透する成分で保湿する」という2つを徹底すれば、少しずつ肌の状態は良くなっていきます。

1.頭皮ニキビの雑菌(アクネ菌)をおさえる

頭皮ニキビのスキンケア商品選びで大切なこと

頭皮ニキビも顔ニキビも、アクネ菌が原因なのは変わりません。
毛穴が詰まって、そこでアクネ菌が繁殖することでニキビができます。

しかし上述したように頭皮は分厚いので、顔用につくられたものでは毛穴の奥深くにひそむアクネ菌までは撃退できません。

これらを踏まえた上で大切なのが以下の2つ。

  1. 頭皮ニキビ専用のケア商品であること
  2. しっかりと殺菌成分が入っていること

 

まず大前提として「その商品が頭皮ニキビケアのために作られているかどうか」はチェックしてください。
くり返しになりますが、顔用と頭皮用のケア商品は効き目がまったく違います。

また当たり前すぎますが、殺菌成分が入っていないと今出来てしまっているニキビには何の意味もありません。

  • イソプロピルメチルフェノール
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • イオウ

このあたりは肌に優しく効果が高いと有名な殺菌成分です。

 医薬部外品だともっと良い!

頭皮ニキビ用のスキンケア商品が、医薬部外品認定されているものだとより良いです。

医薬部外品は「国に特定のものに対するゆるやかな効果・効能が認められている」商品。
つまり頭皮ニキビケアの商品ならば、頭皮ニキビにちゃんと効くことが証明されているということになります。

医薬品ほど強力ではないので即効性はありませんが、継続して使えば頭皮ニキビがおさまってくるでしょう。

2.頭皮の奥までしっかり保湿する

頭皮ニキビケアでは保湿もすごく大切です。

頭皮はついついシャンプーで洗いすぎたり間違った手入れをしがち。
それに頭皮に化粧水とか使って「保湿しよう!」っていう考え自体少ないかと思います。

何度も繰り返しになりますが、頭皮は乾燥してしまいやすい部位
乾燥させたままだと皮脂の過剰分泌をまねくので、きちんと保湿してあげる必要があります。

保湿成分にも色々ありますが、特に押さえておきたいのが以下の3つ。

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • コラーゲン

これらの保湿成分は優秀なので、事前に入っているかチェックしてください。

頭皮ニキビ ナノ化された成分

また分厚い頭皮でもしっかり奥まで保湿成分を届けられるものを選びましょう。

なるべく「ナノ〇〇」や「超低分子~~」と表示されているものを選ぶのがオススメです。

市販のものよりも少しお値段が張るものが多いですが、その分浸透力はスゴイです。

成分がメチャクチャ細かいので、頭皮がゴクゴク水分補給するかのように、保湿成分が浸透してくれるんですね。
(ほんとかよ!と思うかもしれませんが、これらの超微粒子の成分配合のものを実感できると思います。)

頭皮ニキビケア商品でおすすめは「ルプアクア」

ルプアクア

頭皮ニキビのケア商品でおすすめなのが「ルプアクア」。

頭皮のニキビのためだけに作られた商品です。

これ1つで「アクネ菌の殺菌」と「保湿」の両方に効果的。

  • イソプロメチルフェノールがアクネ菌を撃退
  • 超低分子・ナノサイズのヒアルロン酸で頭皮のうるおい◎
  • 赤ちゃんでも使えるほど肌にやさしい

医薬部外品に認定されているので、その効果も折り紙付きです。

使い方も頭皮のためを考えて作られており、スプレータイプなのでシュシュッと頭皮に吹きかけるだけでOKです。

液だれの心配や上手く塗ることができない…という心配もいりません。

テクスチャは肌へのなじみが良くて、スーッと浸透していく感じ。
(まったくベタつかないので、嫌な感じはしません。かなり頭皮がスッキリします。)

頭皮ニキビに悩んでいるなら、1度試していただきたい商品です。

ルプアクアの公式サイトはこちら

市販薬の合わせ技でより短期間でケアできる可能性あり

頭皮ニキビ 市販薬

頭皮ニキビはスキンケアだけでは効果を実感するまで、1週間~3週間くらいかかることがほとんど。

もっと短期間で治したい!そんなときは市販の薬を一緒に使ってケアしてあげましょう。
殺菌効果によりすぐれているので、スキンケアよりもすぐに効果を実感できます。

※ただし刺激が強すぎる可能性もあるので、1度使ってみて肌荒れやかゆみを感じるようならすぐ使用をやめましょう。
元々頭皮の肌が荒れやすい方にはおすすめしません。

クレアラシル

CF4906156100280

ドラッグストアや薬局で購入できる「クレアラシル」

イソプロメチルフェノールやレゾルシンなど、ニキビ有効成分が入っているニキビ専用の市販薬です。
頭皮ニキビの炎症をすばやく鎮めてくれることが期待できます。

またすこしだけ保湿効果もあるのが嬉しいポイントです。
(もちろんクレアラシルだけでは保湿力が足りないので、別で保湿する必要はあります)

クレアラシルのAmazonページはこちら

オロナイン

オロナイン

ニキビに効くとよく言われている「オロナイン」

頭皮の炎症をおさえてくれるので、頭皮ニキビの症状を和らげてくれます。

ただあくまで初期の軽めのニキビの応急措置だと思ってください。
赤ニキビや化膿ニキビに、つけすぎればオロナインの油によって菌が繁殖してしまうおそれもあるので注意です。

オロナインのAmazonページはこちら

さらに詳しく市販の塗り薬について知りたい方は、以下のページでまとめていますのでチェックしてください。

薬局で買えるニキビの市販薬おすすめ8選!正しい選び方も紹介♪

塗り薬の塗り方はこちら

頭皮ニキビを繰り返さないための8つの予防法

一度できた頭皮ニキビを治しても、また悪い習慣をくり返していると頭皮ニキビができかねません。

もう頭皮ニキビを繰り返さないために、できにくくする予防をしていきましょう。

1.シャンプーや洗顔をしっかりと落とす

頭皮ニキビ すすぎのポイント

シャンプーのすすぎ残しは頭皮ニキビの原因になります。
しっかりと意識して洗い流すようにしましょう。

厳密に「これくらいすすげばOK」という決まりはありませんが、1つの目安として「洗った時間よりも長く」すすぐことを意識してください。

特にすすぎ際に意識しながらすすいでほしいのが以下のポイント。

  • 頭頂部の後ろから襟足まで
  • 耳の周り
  • 生え際

これらはかなりすすぎ残しが起こりやすい箇所なんですね。
意識して集中的に洗い流すことが大切です。

 

また地味に気をつけて欲しいのが洗顔のすすぎ

どうしても顔のすすぎにばかり注意がいきがちですが、生え際にも洗顔料がつくことってたくさんありますよね。

洗顔をしたら生え際もしっかりとすすぐことを意識しましょう。

2.頭皮をぬれたまま放置しない

頭皮ニキビ 濡れたままに注意

汗をかいたら雑菌が繁殖してしまう前にしっかり拭くこと。
とくに運動をしたり、帽子などをかぶっているときは、こまめに汗を拭きとることを意識しましょう。

タオルも頭皮を傷つけないように優しく拭いてあげることです。
ゴシゴシ拭かずに、優しくおさえながらなでるように拭き取ってください。

 

また汗をかいたときだけでなく、お風呂上がりも同様です。

濡れたまま放置しておくと、雑菌が繁殖してしまいやすいのですぐに乾かすことが大切。

その際にドライヤーは使っても構いませんが、距離には気をつけましょう。
あまりに近い距離でドライヤーを当ててしまうと、肌への刺激となるだけでなく、乾燥もまねきます

せっかく乾かしたのにニキビの原因ができては意味がありません。

だいたい20cmほどを目安に離して使うのがベストです。

3.枕をこまめに洗う

頭皮ニキビ 枕

枕は定期的に洗っておかないと、寝ているときの汗などの汚れがたくさんたまってしまいます。

何日も同じ枕で寝ていると皮脂や、細菌が頭皮にまで入ってきてしまうんですね。
汚れがたまったり、菌が増えればニキビはとてもできやすくなります。

最低でも枕は2〜3日おきに洗いましょう。

枕は頭皮とよく触れる場所なので、できれば毎日カバーだけでも変えるのが望ましいです。

4.ヘアケア剤はなるべく使い過ぎない

頭皮ニキビ ヘアケア剤はつまりの原因

ワックスや洗い流さないトリートメント。
こういったヘアケア剤は、頭皮のためにもあまり使わないほうがいいですね。

汗をかいてヘアケア剤が一緒に流れ、毛穴のなかに入り込んでしまうことにもなりかねません。

毛穴つまりにもなる上、その汚れをエサにニキビ菌がたくさん繁殖してしまいます。

どうしても使う際は、ヘアケア剤を毛先だけにするなどの対策をしましょう。

5.帽子やヘルメットはゆるめのものにする

頭皮ニキビ 帽子やヘルメットの通気性

帽子やヘルメットをかぶることが多い人は、通気性のいいものを選ぶこと。

ゴムなどで調整ができるものは、はずれない程度にゆるめてかぶってみましょう。

またずっとかぶりっぱなしではなく、適度に外して換気することを意識してください。
それだけでもだいぶ蒸れを防ぐことができます。

6.バランスのいい食事をとる

頭皮ニキビ 食生活

頭皮の肌状態のためには、バランスのいい食事をとることも大事。

コンビニの弁当や、揚げ物ばっかり好んで食べてはいませんか。
油ものはとりすぎることで、大量に皮脂を分泌させてしまいます。

なるべく普段の食生活には、野菜や果物を取り入れることを意識してみてください。

「そんなこと言われてもいきなり食生活なんて変えられない」なんて人は

  • 料理に添えられている野菜は食べる
  • 青汁などの健康ドリンクを飲む
  • サプリメントを取り入れる

といった、できることからはじめてみるといいでしょう。
なかでもサプリは、効果的に栄養を取り入れることができるので特におすすめですよ。

最近は急に食生活を変えられない人でも、手軽にニキビに効果的な成分を摂れる「ニキビサプリ」もあります。

以下のページでニキビサプリについては詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

ニキビサプリメントって本当にニキビに効く?3つの特徴と注意点まとめ!

7.眠り始めの3時間までにぐっすり眠る

頭皮ニキビ 寝る前の行動

ニキビができにくい頭皮肌をつくるには、睡眠も大切。

肌の再生は眠っている時間におこなわれるので、ぐっすり深く眠らければなりません

特に眠りはじめの3時間はターンオーバーが活性化する時間帯。
ここでいかに快眠できているかが鍵となります。

ぐっすりと眠るために以下のことを意識してください。

  • 寝る直前に食事をしない
  • スマホをいじったりテレビを見ない
  • 筋トレなどの激しい運動をしない
  • 電気をつけたまま寝ない

これだけでも今までよりはるかにスムーズに深い眠りにつけると思います。

8.ストレスは適度に発散する

頭皮ニキビ ストレス

ストレスは頭皮にとって、いいことはありません。
過剰なストレスは、ホルモンバランスを乱し、大量の皮脂を分泌させてしまいます。

ですが現代の社会で、ストレスを全くゼロにするなんてことは不可能でしょう。

ストレスはためすぎず、適度に発散していきましょう。
解消法は無数にありますが、中でもオススメなのが、

  • 軽くジョギングをする
  • ストレッチをする
  • ゆっくり半身浴をする
  • アロマを焚く

といった方法です。

特にオススメなのはアロマ

ラベンダーやカモミールの香りはリラックス効果が高いのでオススメです。
寝る前に焚いておくと、安眠効果も得られるので一石二鳥ですよね。

頭皮ニキビに関するその他の疑問5つ!

Q1.頭皮ニキビがかゆい!なんとかおさえる方法はないの?

頭皮ニキビ かくのはNG

頭皮ニキビができると「かゆくてかゆくてたまらない!」とむずむずが続くことがあります。

ガリガリかいてしまいたくなるのはわかりますが、かくのはNGです。

爪でニキビやまわりの皮ふまで傷つけてしまいます。
余計にニキビが悪化したり、新しいニキビができる可能性も…。

どうしてもすぐにかゆみを抑えたいときにオススメなのは2つ。

  • とにかく冷やす
  • マッサージする

1番手軽かつカンタンにできるのは冷やすことですね。

保冷剤や水で冷やしたタオルなどを、かゆい場所に当ててみましょう。
気休めですが、かゆみが少しずつ収まってきます。

 頭皮ニキビ マッサージ

また、頭皮マッサージをするのがおすすめです。
ニキビをつぶさないためにも、ニキビがある場所を避けて以下の手順で行ってください。

  1. 頭頂部を引っ張り上げるようにもみほぐす
  2. 後頭部の生え際から頭頂部にむけておさえながら動かす
  3. 耳の後ろからこめかみにかけておさえるようにする

これを1回3分程度やると、少しかゆみがやわらいできます。

1つ注意点として、「マッサージは必ず指の腹の部分で行う」ことを心がけてください。

シャンプーのとき、もしくは美容液をつけるときにあわせて行うと効率がいいのでおすすめです。

Q2.頭皮ニキビは触ったり、つぶしたりしちゃダメ?

頭皮ニキビ つぶすのはNG

頭皮ニキビは目立つので消してしまいたくなりますが、つぶすのは絶対にダメです。

つぶしてしまうと余計にニキビが悪化する可能性があるだけでなく、ニキビ跡として残ってしまうことも考えられます。
つぶして良いことは1つもありません。

また触るだけでも、手についた雑菌のせいで悪化してしまうこともあります。

ケアするとき以外はそっとしておきましょう。

Q3.シャンプーのやり方が不安…気をつけることは?

頭皮ニキビ シャンプーのやり方

頭皮ニキビができている状態でシャンプーするときは、以下の3つに気をつけてください。

  • シャンプーは必ず泡立ててからつける
  • 爪を立てず、指の腹でやさしく洗う
  • シャンプーは必ず1日1回までにする

前提としてシャンプーは必ず泡立ててから使うようにしてください。

シャンプーを泡立てずに、そのまま髪につけてはいませんか。
そうすれば毛穴のなかにシャンプーが入り込んでしまうので、頭皮トラブルの原因になります。

またシャンプーのときと同じく、指は爪を立てずに行うこと。
肌を傷つけないために、必ず指の腹の部分をあてて洗ってください。

シャンプーの頻度にも注意ですね。
やりすぎれば、肌をのうるおいも一緒に落としてしまい、乾燥の原因になります。

シャンプーは一日一回までにしましょう。

シャンプーに入っている成分にも注意!

頭皮ニキビ シャンプーの強すぎる成分

市販のシャンプーには洗浄力の強すぎるものが多く並んでいます。

泡立ちや使い心地を良くするために、肌に刺激の強すぎる成分が入っているんですね。

合成界面活性剤」や「ラウリル硫酸」などは特に多く見かけます。
少なくともこれらが入っているものは避けましょう。

ニキビを刺激してしまうだけでなく、必要な皮脂を落としてしまうので、頭皮が乾燥しやすくなってしまいます。

Q4.頭皮ニキビってハゲるって聞くけどどうなの?

頭皮ニキビ はげ

これは本当です。

頭皮ニキビができて放置していると、ハゲる可能性は高くなってしまいます。

  1. 頭皮ニキビが頭皮にダメージをあたえる
  2. 頭皮にうまく血液が流れなかったり、栄養が行き渡らなくなる
  3. 古い髪の毛は抜けるのに、新しい髪の毛は生えづらくなる
  4. ハゲる

 

といったサイクルができてしまうんですね。

なので頭皮ニキビができたら、できるだけ早くケアしてあげる必要があります。

Q5.ヘアカラーって自分でしていいの?やっぱり美容院へ行くべき?

頭皮ニキビ ヘアカラー

カラーリング剤には、肌にかなり刺激の強い成分が入っています。
セルフでカラーするときも、美容院で美容師さんにやってもらうときも、必ずビニール手袋をしていますよね。

当たり前ですが、手にすらつくのがNGなものは、頭皮につくのもNGです

頭皮ニキビが出来ている間は、できるだけヘアカラーやパーマは控えましょう。

もし「どうしても!」というなら、セルフではなく美容院でおこなうようにしてください。
頭皮ニキビをうまく避けながらカラーやパーマをかけてくれます。

ただし、あまりにも頭皮ニキビがひどすぎる場合は美容院でも断られることがあるので覚えておきましょう。

予約する時に「頭皮ニキビがあるけど施術できるか?」を聞いておくと良いと思います。

頭皮ニキビは普段からしっかりとしたケアを

顔と同じように頭皮のケアも、普段から意識しておこなうことが大切。

ただし顔と頭皮では違うので気をつけてください。
頭皮の特徴を理解せずに、顔と同じケアをしてしまうと、まったく効果がありません。

きちんと頭皮ニキビ専用の商品を使って、適切なケアをしてあげましょう。

もちろん普段から頭皮ニキビができにくい習慣を意識して、頭皮ニキビの繰り返さない肌を目指すことが大切です。

 

ページの先頭へ

ニキビケア商品ランキング

  • top-sidebar-ranking

    1位

    ビーグレン ニキビケアトライアルセット

    ビーグレンニキビケアトライアルセット

    QuSomeの浸透力で、ニキビ跡にも!

    ビーグレン・ニキビケアの詳細を見る

    2位

    ルナメアAC 1週間お手入れキット

    FUJIFILM ルナメアAC

    ニキビの毛穴から徹底ケア!乾燥肌・敏感肌に効き目◎

    ルナメアの詳細を見る

    3位

    オルビス薬用クリア

    オルビス薬用クリア

    100%オイルカットのニキビケア商品!べたつかないサッパリした使い心地が◎

    オルビスの詳細を見る