大人ニキビに悩まされているすべての方へ。大人ニキビの原因~タイプ別対策まで徹底解説。

いちご鼻の原因と治し方まとめ!嫌な黒ずみとサヨナラする方法教えます。

いちご鼻の原因と治し方 ファーストビュー

黒いポツポツが目立つし、なかなか治らないいちご鼻。

SNSなどで検索しても、いちご鼻に悩んでいる人はたくさんいます。
いちご鼻になると、なかなか人と自信をもって顔を合わせられないですよね。

しかもネットで調べると、いろいろなケア方法が紹介されていて「どのケア方法が正しいのかわからない!」なんて方もたくさんいるのではないでしょうか?

そこで今回は大人ニキビくん編集部が総力をあげて「正しいいちご鼻の原因から治し方」まで徹底解説してみました。
いちご鼻に悩んでいる方は、1度目を通してみてくださいね。

いちご鼻ってどういう状態なの?

いちご鼻ってなに?

いちご鼻とはことば通り、まるでいちごみたいに見える鼻のこと。

鼻の毛穴がたくさん黒ずんでいる状態がいちごのブツブツにそっくりなので「いちご鼻」と呼ばれるようになりました。

つまり「毛穴の黒ずみ」がいちご鼻の元凶なんです。

毛穴の黒ずみの原因は「毛穴につまった角栓の酸化」。
ちょっとむずかしいかもしれないので、もっと噛みくだいて説明します。

毛穴が黒ずむメカニズム

黒ずみになるまでのステップ

毛穴はいきなり黒ずむわけではありません。
最終的に黒ずみになるまでに、以下の3ステップがあります。

  1. 毛穴に皮脂やヨゴレがつまる
  2. 皮脂やヨゴレが固まって「角栓」になる
  3. 角栓が空気にふれつづけると黒くなる

開いた毛穴に、皮脂やメイクの落とし残しなどがたまっていくと、固まってしまって「角栓」になります。

さらに角栓が空気に触れつづけていると、どんどん黒くなっていくんですね。
角栓が黒くなる現象のことを「酸化」といいます。

わかりにくい方は、切ったりんごを放っといたときのことを思い出してください。
(りんごを食べないという方は、長年使っている自転車のチェーンなどの金属でもかまいません。)

どちらも放っとくと、茶色くなっていくはずです。
角栓が黒くなるのと、これらの現象はまったく同じになります。

いちご鼻の正しいケア方法・治し方

いちご鼻はスキンケアで治す

いちご鼻はかなり目立つので、とにかく特別な方法で一刻も早く治したいという人が多いと思います。

しかしいちご鼻を治すのに「特別なケア」は必要ありません

普段のスキンケアを見直すだけで十分に治せます。

※もちろん数日、1~2週間で治るわけではありません。セルフケアだと2~3ヶ月くらいはかかります。

いちご鼻を治すために必要なのは以下の2つ。(場合によっては3つ)

  1. 洗顔
  2. 保湿
  3. ピーリング(※人による)

これらを極めるだけで、いちご鼻のケアはOKです。

ちなみにオロナインとか毛穴パックとか色々なケア方法がかかれているサイトがありますが…「すべて蛇足」です。

まずは上記に挙げたことを極めてから+αでおこなうものなので覚えておきましょう。
+αのケア方法についても詳しくは後述します。

いちご鼻ケアは洗顔が「命」!

とにかく最重要なのが洗顔です。
洗顔を極めないことには話になりません。

  • 洗う回数
  • 洗い方
  • 使う洗顔料

この3つがポイントになるのでおさえておきましょう。

洗顔回数は朝と夜の2回!やりすぎNG。

洗顔は朝と夜

洗顔回数ですが、朝と夜の2回やるのがベストです。

めんどくさがって1回だけだったり、逆に何回もやりすぎるのはNG。
少なすぎると皮脂や汚れをしっかり落とせませんし、多すぎると肌が乾燥してしまいます。

 

また洗顔料を使う回数にも気を配りましょう。

理想は「朝は水だけ洗顔、夜は洗顔料を使う」です。

なぜ夜だけなのかというと「肌を守るのに必要な皮脂まで落としてしまいかねない」から。
過剰分はしっかり落とさないといけないんですけど、それ以上に落とすと肌の防御力が下がってしまうんですね。

なので、できるだけ朝は水だけでしっかりと洗って、夜に洗顔料で丁寧に洗い流すほうがいちご鼻にはオススメです。

 オイリー肌の人は2回とも洗顔料を使ってOK

例えばオイリー肌の人など、肌がテカリ気味の人は、朝と夜の2回洗顔料を使ってもOK。

もともと皮脂の分泌量が多いので、朝の水洗顔だけでは過剰な皮脂を落とせないかもしれないからです。

1度水洗顔で様子をみてみて「あれ?テカってね?」と感じたら、洗顔料スタイルに切り替えましょう。

洗顔は「やさしさ」が大切!とにかく自分の肌をいたわろう!

いちご鼻 洗顔はやさしく

「黒ずみ落ちろ~!」と力を入れてゴシゴシこすりながら洗顔するのはNG。
洗顔方法が強すぎると必要な皮脂まで落としてしまいますし、肌にも刺激をあたえます。

理想は「赤ちゃんの肌にさわるくらいやさしく」。

  • しっかりと洗顔料を泡ネットで泡立てる
  • 鼻の上で泡をころがすようにやさしく洗う
  • バシャバシャとではなく丁寧にすすぐ

この流れを意識して洗顔しましょう。

ちなみに意外と大切なのが「すすぎ」です。
バシャバシャと数回で終わらせる方がいますが、そのすすぎ方だと洗い残しをまねきます。

エステでもよく言われることなのですが、できれば30回以上を目安にていねいに細かくすすぎましょう。
特に水洗顔だけの朝はかならず「すすぎ」を丁寧にしてくださいね。

いちご鼻におすすめの洗顔料の選び方

いちご鼻で洗顔の選び方

いちご鼻ケアに使う洗顔料は、以下の3つを満たしているものを選べばまちがいありません。

  1. 無添加
  2. 泡がふわふわorクレイ洗顔
  3. できれば「オイルフリー」

まずは鼻を刺激しないように、無添加のものを選びましょう。
「合成界面活性剤」などは泡立ちやすくするためによく使われますが、肌には強すぎるので避けてください。

また泡がふわふわなものや、クレイ洗顔は肌をやさしく洗うことができるのでオススメです。

そして意外と忘れてはダメなのが「オイルフリー」。
いちご鼻の人はほとんど皮脂が多くてテカテカしているからですね。

オイルフリーの洗顔料を使うことで、テカリなくさっぱりと仕上げることができます。

洗顔後の「保湿」も超大事!きちんと毛穴を閉じよう。

洗顔後は保湿で毛穴を閉じる

洗顔後にはかならず保湿してあげてください。

いちご鼻の汚れを落とした直後は、毛穴がぽっかりと空いている状態です。
そのまま放っとくと、またすぐに毛穴づまりを起こします。

なので洗顔後はきちんと保湿して毛穴を閉じてあげましょう

空いた毛穴に水分をいれてフタをするイメージです。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド

このあたりは有名で保湿力もかなり高い成分なので、買う前に入っているかチェックしましょう。

オルビス薬用クリアのトライアルがおすすめ!

オルビス クリア

いちご鼻のケアには「オルビス薬用クリア」が大人ニキビくん編集部のおすすめ!

洗顔・化粧水・保湿液」の3点セットが3週間試せます。

  • 洗顔料:無添加・ふわふわの泡・オイルカット
  • 化粧水:コラーゲン・ヨクイニンエキス使用で保湿力◎
  • 保湿液:化粧水であたえた水分をばっちりキープ

これでいて値段はたったの1,296円なので、かなりコスパも良いです。
あれこれ色々と探しまわって損する前に、1度使ってみるのがオススメ!

特にオルビスの洗顔料はトライアルでも全然違いがわかるので、いちご鼻にお悩みの方にぜひ使ってみていただきたいです。

オルビス薬用クリアの公式サイトはこちら

口コミ高評価の『オルビス薬用クリア』は大人ニキビに効果あり?3週間お試しセットを実際に使ってみた。

黒ずみがひどすぎる人はマイルドピーリングも◎

黒ずみがひどすぎる人は「マイルドピーリング」をしましょう。

「マイルドピーリングってなんぞや?」という方はこちらをチェック!

ピーリングで角質を取り除くことで、手っ取りはやく黒ずみをおさえられます

また古くなった角質が取り除かれることでターンオーバーのサイクルを整えることにもつながるんですね。
黒ずみがどうしようもなくひどい人は1度試してみてください。

ただしピーリング後はかなり毛穴が開くので、きちんと保湿ケアすることが大切です。

 ピーリングはやりすぎNG

いくら肌にやさしいピーリングといっても、やりすぎはよくありません。
あくまで「ピーリングとしてやさしい」という話で、ピーリングは洗顔や化粧水に比べて肌への刺激が強いです。

毎日やりすぎるとそれこそ肌の悪化を招きくので注意しましょう。

目安として1ヶ月に1度、多くても1~2週間に1回くらいがオススメです。

きらりのつくりかたがオススメ!

kirari-no-tsukurikata2.

大人ニキビくん編集部のおすすめピーリング商品は「きらりのつくりかた」。

ものすごく肌へのやさしさを考えた商品です。

  • AHA配合のやさしいマイルドピーリング
  • 敏感肌でも使用OK!
  • 完全無添加
  • 美容成分90%配合で肌がすこやかに!

ピーリングというとすごく刺激が強いイメージがあると思いますが、これを使うとかなりイメージが変わるはず。
(実際に使いましたが、市販のピーリングと違って、まったく肌がつっぱったりピリピリする感じがなかったです。)

それでいて使った後はすごく肌がすっきりします…!

初回1,980円なので、皮膚科でピーリングを受けるよりかなり安いです。

※皮膚科だとだいたい1~2万くらいかかります…。

まず皮膚科でピーリングを受ける前に、一度セルフでピーリングするのがおすすめです。

きらりのつくりかたの公式サイトはこちら

『きらりのつくりかた』はニキビ跡に効果あり?口コミで人気なピーリングを実際に試してみた

いちご鼻ケアの「+α」

上記の3つのケアをした上で+αのケアも取り入れると、より効果的な改善が見込めます。

ただし勘違いしないでほしいのは「あくまで+αにすぎない」ということ。
これから紹介するのは、言ってみれば調味料のようなものです。

まずは上で紹介した基本ケア3つをマスターした上で、取り入れるようにしてください。

蒸しタオル

いちご鼻 蒸しタオル

洗顔やピーリングをする前に、鼻の上に蒸しタオルを乗せるとより効果的。
だいたい30~60秒ほど鼻の上に乗せましょう。

蒸しタオルを乗せておくと毛穴が開くので、毛穴に詰まった汚れが落ちやすくなります

蒸しタオルの作り方はカンタンです。

  1. タオルを水で濡らす
  2. 電子レンジで30秒ほど温める

たったこれだけ。

ただし蒸しタオルの温度には気をつけてください。
あまりに熱く感じるようなら、少し冷ます必要があります。

熱すぎると肌への刺激が強すぎて、逆に体が皮脂を出そうとしてしまいます。

オリーブオイル

オリーブオイルは角質をやわらかく

オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」は、角質をやわらかくする効果があります。
角質がやわらかくなることでターンオーバーが起こりやすくなり、毛穴詰まりを予防・改善できるんですね。

使うのはスーパーで売られているオリーブオイルでかまいません。

やり方もカンタンで、洗顔の前にオリーブオイルを鼻に塗るだけ。
1分ほど経過したら、指の腹で鼻をくるくるとマッサージしましょう。

※決して爪を立てないようにしてください!

また洗い流すときは、洗い残さないようにしっかりすすぎましょう。
オリーブオイルは本来肌につけるものではありませんし、洗い残すとそれが毛穴詰まりを引き落とします。

洗顔のところでもいいましたが、30回以上を目安にしっかりとすすいでくださいね。

ホホバオイル

ホホバオイルはヨゴレを浮かす

ホホバオイルとは、多年草の植物から抽出される天然オイルのこと。
以前は食用としても使われていましたが、今では髪や肌のケアとして使われることが多いです。

無印良品のようなところにも売っているので、一度お店で見てみてください。

ホホバオイルの魅力はなんといっても、

  • 肌の保湿と浸透力
  • 不要な角質の除去

この2点につきます。

ホホバオイルに含まれる「ワックスエステル」という成分は、すごく私たちの皮脂と構造が似ています。
なのでものすごく肌へなじみやすいんですよね。

例えば赤色の絵があったとして、その上からオレンジ色と黒色を塗るのではどちらがなじむと思いますか?
色味が似ているオレンジのほうが絶対なじむと思います。

ホホバオイルの浸透力が高いのも、これと同じです。

 

またホホバオイルは角質をやわらかくして、鼻に詰まった汚れを浮かしてくれます

その後に洗顔すると、スルッと汚れが落ちるので気持ち良いですよ。

使い方もカンタンで、まずはホホバオイルを手にとって鼻を中心になじませましょう。
一旦10~15分ほど放置して、指でやさしくマッサージしてください。

もちろん洗い流すときは、洗い残しがないようにしっかりすすぐのが大切です。

ワセリン

ワセリンは角質を溶かす

ワセリンといえば皮ふを保湿するための保湿剤ですよね。
原料は石油で、天然のものでできているので肌への刺激も少ないのが特徴です。

ハンドクリームとして使っている方も多いのではないでしょうか。

実はこのワセリンがいちご鼻に効果的なんです!

SNSを見てみても、ワセリンがいちご鼻に効いたという報告がたくさんあります。

「なんで保湿剤なのにいちご鼻に効くの?」と不思議ですよね。

実はワセリンには「角栓を溶かす」作用があります。

ワセリンは言ってしまえば「油」です。
ワセリンが毛穴に詰まった角栓(皮脂や汚れのかたまり)と混ざると、角栓が溶けます。

クレンジングと同じ原理ですね。
固まった油を溶かすには、油を混ぜればOKというわけ。

 

ワセリンパックのやり方はカンタン。

  1. ワセリンを鼻にぬる
  2. 15~20分ほど放置する
  3. しっかりと洗い残しがないように流す

たったこれだけです。

使用後は鼻がつるんとしていて気持ち良いのでオススメですよ。

いちご鼻になったらやってはいけないこと

いちご鼻には間違ったケア方法で治そうとする人もたくさんいます。

下手をすると、よけいにいちご鼻が悪化することもあるので注意してください。

角栓を無理やり押し出す

角栓を押し出すのはNG

いちご鼻を早くなんとかしたくて、つい角栓を押し出すなんて人もいるかと思います。

ニュルッと角栓が出てくると気持ち良いですもんね。
クセになっちゃう気持ちはわかります。

しかし「むりやり押し出す=毛穴をむりやり広げている」ということです。

出した瞬間こそキレイになったように感じますが、またすぐに毛穴づまりが起きます。

そのうえ何度もやっていると「毛穴が広がった状態がデフォ」になるので、見るも無残に…。
今後もいちご鼻をくりかえさないためにも、無理やり押し出すのはやめましょう。

  • コメドプッシャー
  • 綿棒

これらの道具を使っている人もいるかもしれませんが、これもNGです。

毛穴を傷つけないように完ぺきに力加減を調整できるなら良いですが、これがなかなか難しい…。
ほとんどの方が力加減を間違えてしまいます。

毛穴づまりは「押し出す」ではなくて、「自然に落とす」ものなので認識を間違えないようにしましょう。

もう落ちる寸前ならぎりぎりOK!

洗顔後やピーリングしたあとに、たまにとれる寸前の角栓が出ることがあります。

穴から乗り出すように、ニュルッと生えているやつです。
これくらいのものなら、自分で取っても大丈夫。

綿棒などやわらかいものでそっと触ってあげましょう。

毛穴パック

毛穴パックのやりすぎ

毛穴パックで角栓ケアをやっている方も多いのではないでしょうか。
いちご鼻のケア方法としては、かなり有名な方法です。

たしかにゴッソリと角栓がとれるので気持ち良いですよね。
あのパックについた黒い角栓をみると、なんともいえない達成感があります。

しかし「やりすぎ」は良くありません

角栓が落ちたということは「角栓が詰まっていた場所に大きな穴があいた」ということにもなります。

短いスパンでくり返し使っていると「毛穴がずっと開きっぱなし」になってしまうんです。
もちろん皮脂やヨゴレがつまりやすくなるので、ずっと毛穴は汚れやすいまま。

毛穴パックは肌への負担も大きいので、やるなら期間をあけましょう。

もし毛穴パックを使うなら「1ヶ月に1回」を目安に!

 オロナインは間違ったケア方法!ダメ、絶対!

オロナイン

オロナインパックは一時期ネット上で話題になりました。

方法もカンタンで「オロナインを塗って10分ほど放置したあと、洗い流す」だけ。
これでかなり毛穴づまりが取れるんです。

しかし「必要な皮脂まで奪ってしまうので、逆に乾燥してしまう」んですね。

また無理やり毛穴を広げるので、刺激も強め。
けっして肌にやさしいとは言えません。

キレイになるはなりますが、すぐに新しいいちごができかねないので避けておきましょう。

いちご鼻の原因!7つのセルフチェックと予防方法まとめ

いちご鼻になる原因は「毛穴につまった角栓の酸化」ですが、そもそも角栓ができなければいちご鼻にはなりません。

ということはですよ。
いちご鼻になる人は毛穴づまりが起きやすいことが考えられます。

もっというと、毛穴をつまらせてしまう「皮脂やヨゴレがたくさんありすぎる」ということです。

そこで、皮脂やヨゴレが増えてしまう行動や習慣を7つまとめました。

以下に半分以上当てはまる方は、いちご鼻になりやすいので注意してください。

7つのセルフチェック項目

  1. 洗顔はゴシゴシ念入りに洗っている
  2. 洗顔や化粧水などで肌がヒリヒリすることがある
  3. 鼻を触ることが多く、よくマスクをよくつけている
  4. コンビニやファーストフードなどの外食が多い
  5. 睡眠が不規則で、常に寝不足を感じている
  6. よくイライラして落ち着かないときがある
  7. 日差しが強い日以外は日焼け止めを塗らない

※もちろん1つや2つしか当てはまらないという方でも大丈夫というわけではありません。むしろ1つ2つしかないならすぐ改善してしまいましょう。

あわせて、これらの原因を予防するための解決策も解説しています。

いちご鼻をつくらない、また再びいちご鼻を繰り返さないためにもしっかり抑えておきましょう。

1.ゴシゴシと力強く洗顔している

ゴシゴシ洗うのはNG

しっかり洗ったほうがヨゴレが落ちると思って、ゴシゴシこするように洗っていませんか?

実はゴシゴシ力を入れて洗うのは、かなり逆効果。

力を入れて洗顔すると、たしかにヨゴレは落とせるかもしれません。
しかし同時に「必要な皮脂まで落としてしまう」んですね。

皮脂には肌を刺激から守ってくれるバリアのような役割もあります。
そのぶんまで落としてしまうと、逆に肌荒れしやすくなってしまう恐れも…。

皮脂は「多すぎてもダメ、少なすぎてもダメ」ってことです。

難しいですが、ゴシゴシ洗顔ではなく過剰なぶんの皮脂だけ落とせるようなやさしい洗顔をしましょう。

解決策はこちらをチェック

2.洗顔や化粧水などで肌がヒリヒリすることがある

ヒリヒリしたら注意

洗顔をした直後や、化粧水をつけたときの肌の感じを思い起こしてみてください。

そのとき肌がヒリヒリしたり、赤くなったりするという人は注意。
まちがっても「化粧水の成分がよく効いている証拠だ」なんて思わないように。

洗顔料や化粧水を使ったあとに、肌がピリッとしたりヒリヒリしたりするのは肌に合っていない証拠です。

ムシして使い続けると、肌荒れを引き起こすこともあるので注意してください。

解決策はこちらをチェック

3.鼻を触ることが多く、よくマスクをよくつけている

いちご鼻 マスク

普段から鼻をこするクセがあるという人、気がついたら触っているなんて人も注意しましょう。

鼻に触れるときに、手の雑菌が毛穴に入り込んでしまいます。
特にこすっている人は、摩擦で肌が刺激されるのでよけいにアウトです。

 マスクにも注意

特に意味なくマスクを毎日のようにつけている人は要注意。

マスクも地味に鼻の部分をこすってしまいますし、毎日だと刺激が積み重なっていきます。

またくしゃみや咳のせいで不衛生なマスクは雑菌だらけ。
そこがこすれることで毛穴も汚れてしまいます。

解決策はこちらをチェック

4.コンビニやファーストフードなどの外食が多い

いちご鼻 コンビニやファースト

揚げものや甘いものが大好きという方は注意しましょう。

油分や糖分がたくさん使われている食事をしすぎると、皮脂の分泌量が増えます。

分解しきれなかった油分や糖分が、皮脂として毛穴から出てきてしまうんですね。

  • ファーストフード
  • コンビニの弁当や冷凍食品
  • お菓子

食生活は私たちの体をつくる元になるものなので、乱れていると体に悪い影響が出てくるのは当たり前です。

解決策はこちらをチェック!

5.睡眠が不規則で、常に寝不足を感じている

いちご鼻 睡眠不足

いつも夜更かしして、あまり寝ていない人もいちご鼻になりやすいです。

睡眠不足がつづくと、いちご鼻まっしぐら。

肌のターンオーバーは睡眠中におこなわれます。
ターンオーバーが起こるタイミングで、毛穴に詰まった汚れも外に出ていきます。

もし睡眠不足だとターンオーバーが正常におこなわれないので、いつまでも毛穴は詰まったまま。
そのままいちご鼻になります。

解決策はこちらをチェック!

6.よくイライラして落ち着かないときがある

いちご鼻 イライラ

イライラが止まらなかったり、気分がモヤモヤしている人も注意。
ストレスの積み重ねはいちご鼻の原因になります。

というのもストレスはターンオーバーを乱してしまうから。

結果としていつまでも肌が生まれ変わらずに、毛穴が汚れたままになります。

解決策はこちらをチェック!

7.日差しが強い日以外は日焼け止めを塗らない

いちご鼻 日差し

なにげなく浴びている紫外線ですが、何のケアもしていないといちご鼻の原因をつくりかねません。

というのも紫外線を浴びると肌がダメージをうけて、ハリや弾力がなくなってしまうんですね。
そうすると鼻の毛穴がたるんで、皮脂やヨゴレが詰まりやすくなります。

特に鼻は紫外線を直接浴びやすいところなので、しっかりとした紫外線対策が必要です。

解決策はこちらをチェック!

いちご鼻の原因と治し方 まとめ

一度できてしまうとなかなか治らないのがいちご鼻です。

しかし悩んでいるからといって、無理やり角栓を取り除くようなケアはやめましょう
よけいに悪化してしまいます。

大事なのは洗顔や保湿といった基本のスキンケア
時間はかかりますが、肌を傷つけることなく丁寧にケアしていけます。

また普段の生活習慣にも気を配ってくださいね。
今回挙げた7つのセルフチェックで当てはまるところは治していきましょう。

それだけでいちご鼻のくりかえしの予防にもなります。

ページの先頭へ

ニキビケア商品ランキング

  • top-sidebar-ranking

    1位

    ビーグレン ニキビケアトライアルセット

    ビーグレンニキビケアトライアルセット

    QuSomeの浸透力で、ニキビ跡にも!

    ビーグレン・ニキビケアの詳細を見る

    2位

    ルナメアAC 1週間お手入れキット

    FUJIFILM ルナメアAC

    ニキビの毛穴から徹底ケア!乾燥肌・敏感肌に効き目◎

    ルナメアの詳細を見る

    3位

    オルビス薬用クリア

    オルビス薬用クリア

    100%オイルカットのニキビケア商品!べたつかないサッパリした使い心地が◎

    オルビスの詳細を見る