大人ニキビに悩まされているすべての方へ。大人ニキビの原因~タイプ別対策まで徹底解説。

ターンオーバーを正しく知る事で美肌になる

1:ターンオーバーを正しく知る→いまここです
2:ターンオーバーの乱れが引き起こす怖い肌トラブル
3:ターンオーバーへの正常化へ近づく方法【日常生活編】
4:ターンオーバーへの正常化への近道は美容液【スキンケア編】

ターンオーバーを正しく知る事で美肌になる

ターンオーバーとは何かというとお肌が生まれ変わる新陳代謝の事

生まれ変わるといってもパっと理解する事は難しいですよね。

皆さんは、転んだ時に傷ができてしまい、かさぶたとなって剥がれ落ち、気付けば皮膚がきれいな状態にもどっている。という経験をした事はありませんか?

傷が治るというのは、肌の生まれ変わりがおこなわれた証拠です。この再生のサイクルをターンオーバーといいます。

肌の生まれ変わりは常に行われています。お肌に必要なくなったアカを剥がしてくれているのです。

ターンオーバーの仕組み

ターンオーバーのプロセス

ターンオーバーで生まれ変わるのは、はお肌の表面の、表皮という部分です。

表皮細胞は私達の肌の表面から

  • 『角質層』(かくしつそう)
  • 『顆粒層』(かりゅうそう)
  • 『有棘層』(ゆうきょくそう)
  • 『基底層』(きていそう)

上記の4つの構造でなりたっています。

kakushitsu01

これが表皮です。この表皮の全体の役割は、肌の水分を保ち、外からの刺激から守る役割があります。

どのようにして生まれ変わるのでしょうか。

kakushitsu02

基底層(きていそう)で新しい細胞が生まれるところからはじまります。基底層は血管から栄養を摂取し、新しい細胞を生み出す力があります。

そして基底層で生まれた細胞は→有棘層→顆粒層を経て、変化をしながらどんどん上にあがっていき、角質層に。

kakushitsu03

角質層は厚さはわずか0.02mほどです。こんな薄いのに何の約にたつのか不思議ですよね。

角質層は肌表面となる層で、私達の体内に必要な水分を逃がさないよう保護してくれる重要な役割をもっています。そして角質層は肌を守る役割を終えると角化し剥がれ落ちていくのです。※角化(生命力のない状態、アカになるという事)

これがターンオーバーのプロセスで、要するに生まれた細胞が肌を守り最後にはアカとなって剥がれ落ちるサイクルという事なんですね。

◇ターンオーバーの周期

ターンオーバーには周期があります。毎日毎日ターンオーバーはおこなわれていますが、新しく表皮細胞が生まれてからアカになるまでの日数はある程度決まっています。

個人差によりサイクルは異なりますが、年齢別の理想の周期は下記です。

<年齢別周期(目安)>

  • 10代→【20日前後】
  • 20代→【28日前後】
  • 30代→【40日前後】
  • 40代→【55日前後】
  • 50代→【75日前後】
  • 60代→【100日前後】

一般的に、ターンオーバーが正常ならば、28日周期。といわれていますが、実は20代の肌がトラブルが少なく理想的とされているから28日と表記されているのです。

ターンオーバーの周期は実年齢とリンクしているため、60代の方が20代のターンオーバー周期という訳にはいきません。加齢によって肌のくすみ、しわ、傷の治りも遅くなってしまうのは、ターンオーバーの周期が原因といえます。

しかし、加齢によるターンオーバー周期に遅れが生じるのは防ぎようがありません

よく目にするターンオーバーの促進というのは、実年齢の周期日数を早くさせるという事ではなく、年齢にあった周期を正常化させることが目的です。

ターンオーバーの乱れとは?

年齢に応じたターンオーバーの周期が、早くなったり遅くなったりしてしまう事をいいます。

ターンオーバーが早すぎると、乾燥肌になりやすく、肌のバリア機能が低下します。生まれ変わりの肌が角質層に届くまでに十分な潤い機能を持たないまま角質層に届いてしまいます。

つまり、未熟なまま角質層にいき役目をはたせずにいる細胞という事です。この細胞は潤い機能を持たないため、角質層本来の働きである水分の保持や、外からの刺激から肌を守ってくれるという事をしてくれません。

反対にターンオーバーが遅くなると、大人ニキビができやすくなったり、ニキビ跡が残りやすい、傷痕が治りにくくなるといった事態に。

ターンオーバーは、早すぎても遅すぎても肌は美しくなりません。健康な角質細胞を作れるような一定なサイクルを保つ事が何よりも必要なのです。

 

真皮はターンオーバーをしてくれない

真皮とはターンオーバーがおこなわれる基底層(きていそう)より深いところにある肌の中の層です。

kakushitsu04

ここではコラーゲンやヒアルロン酸がつくられ、肌の弾力を保つ美肌に重要な働きをしています。ターンオーバーのプロセスで説明したとおり、表皮細胞は基底層からスタートして作りだされます。

そして、基底層よりも深い位置にある真皮はスタートよりもっと前の段階にあるので再生をしてくれないのです。

再生が行われない真皮がダメージをうけてしまうと、傷跡が一生残ってしまう可能性があるという事です。

真皮が傷ついた事により、小さい頃にできた深い傷、ヤケド跡が残ってしまっている方も少なくないようですね。

ターンオーバーが正常におこなわれていないと肌の層が薄くなってしまいます。つまり、真皮まで傷などが届きやすくなってしまい、一生消えない跡になってしまう可能性があるという事。

ですからターンオーバーを正常化させる事は、真皮を傷つけないためにもすごく重要なことなのです。次にこのターンオーバーが乱れてしまったらどうなるのかについてお伝えしていきます。

1:ターンオーバーを正しく知る
2:ターンオーバーの乱れが引き起こす怖い肌トラブル→次はここです。
3:ターンオーバーへの正常化へ近づく方法【日常生活編】
4:ターンオーバーへの正常化への近道は美容液【スキンケア編】

ページの先頭へ

ニキビケア商品ランキング

  • top-sidebar-ranking

    1位

    ビーグレン ニキビケアトライアルセット

    ビーグレンニキビケアトライアルセット

    QuSomeの浸透力で、ニキビ跡にも!

    ビーグレン・ニキビケアの詳細を見る

    2位

    ルナメアAC 1週間お手入れキット

    FUJIFILM ルナメアAC

    ニキビの毛穴から徹底ケア!乾燥肌・敏感肌に効き目◎

    ルナメアの詳細を見る

    3位

    オルビス薬用クリア

    オルビス薬用クリア

    100%オイルカットのニキビケア商品!べたつかないサッパリした使い心地が◎

    オルビスの詳細を見る